頭痛でお悩みの方へ

頭痛でお悩みの方へ

  • 刺激物をよく取る
  • ストレスや疲れがたまると頭痛がする
  • 運動すると頭痛が出る
  • 肩凝りがある

頭痛は一次性頭痛と二次性頭痛に分けられます。

一次性頭痛は原因となる疾患が見当たらない頭痛で、二次性頭痛は基礎疾患や原因となる病態から生じる頭痛です。

頭は脳からの痛みがありますので、まずは病院での診察をおすすめします。

とくに二次性頭痛は脳血管障害や脳腫瘍・髄膜炎・緑内障の急性発作な命にかかわる危険な頭痛があります。

頭痛がひどい、突然の発作、これまでにない一番最悪な頭痛(ハンマーで頭を殴られたような痛み)高熱などの症状がある場合は、ただちに病院に行かれるようお願いします。

一次性頭痛は緊張型頭痛、片頭痛、群発性頭痛があります。

緊張型頭痛は両側の後頭部から首にかけて締め付けられるような鈍い痛みです。慢性の筋収縮による事が多いです。

 片頭痛は脳内の細い血管の拡張などが原因で閃輝暗転(せんきあんてん)と言われる光がチカチカみえたり、前頭部・側頭部がズキズキとした拍動性の痛がおこります。

吐き気やおう吐を伴い光や騒音を嫌い、寝込んでしまう事もあります。

群発性頭痛は季節の変わり目などにおこりやすく、眼窩部に鋭い痛みを繰り返します。

片頭痛は女性に多く、緊張型頭痛・群発性頭痛は男性に多い頭痛です。

東洋医学的ポイント

東洋医学的には大きく分けて外感頭痛と内傷頭痛に分かれます。

外感頭痛は外部の邪気を受けて起きる頭痛で外部の邪には風寒暑湿燥火の六邪があります。ほとんど風と共に体に入り頭痛を起こします。

内傷頭痛は臓腑の機能が失われることによって起こる頭痛になります。肝脾腎が関連する臓腑です。