整体院と接骨院の違い

院長の江口です

 

最近よく街中で接骨院や整体院などの看板をよく見かけるようになりましたがどのような違いがあるのか書いていきたいと思います。

 

整体院とは

 

整体とは手で施術を行う民間療法の1つになります。カイロプラクティックも日本では同じように捉えられています。民間療法になりますので国家資格は必要としません。

整体をしている施術者のほとんどは民間の資格を取得している方がほとんどです。最近では 柔道整復師、鍼師灸師、あんまマッサージ指圧師、理学療法士などの国家資格を取得した人も整体院を開業しています。

 

整体は国家資格ではないので健康保険の対象外となります。そのため一回の施術料が数千円から何万円となり、治療院によってはオプション料金などが発生するところもあります。

 

接骨院

 

接骨院は柔道整復師という国家資格が必要になります。2年生の専門の学校に通い国家試験を受けて合格した人が柔道整復師を名乗れます。

 

国家資格なので症状によっては健康保険が適用になります。打撲や捻挫は保険対象になり、骨折や脱臼はあらかじめ医師の同意が必要となります。

 

その他の肩こりなどは健康保険対象外になりますので注意してください。受診するときは電話で確認をしてみる事をお勧めします。

 

まとめ

整体院と接骨院の違いについて書いてきましたがおわかりいただけたでしょうか?国家資格の有無や健康保険が適応されるかの違いがありますが、最近はその境がわかりずらくなっています。

 

接骨院の中でもオプションや○○コースなど保険適応外の施術もあるので電話での確認をお勧めします。